脇汗が多いからワキガではない、多汗症とわきがの違いと対策は

汗をかく季節だけでなく、一年を通して日常生活に支障が出るほど大量の汗をかく「多汗症」という症状の人がいます。全身か局所的に大量の汗をかくかの違いはありますが、どちらも汗腺の機能異常により起きる症状です。
汗のケアが大変というだけでなく、ずっと汗をかいていることで体臭やワキガが周囲に漂っているのではないかと、自身のニオイが気になって日々の生活に積極的になれないこともあるようです。
多汗症とワキガの関係をみていきましょう。

多汗症の汗は、主にエクリン腺という汗腺から分泌されます。エクリン腺は周囲の気温が暑いときや、辛いものを食べたときなどで体温が上昇した際に、体の熱を下げるために汗を分泌します。そして汗が蒸発する際に生まれる気化熱により体の熱を下げようとします。これらは正常な体の仕組みです。
しかしこのエクリン腺の数が多いか、もしくは分泌する量が異常に多いと汗を通常より大量にかくことになり、多汗症と呼ばれる症状となります。

エクリン腺から分泌される汗は水分と塩分でできており、軽く酸っぱさを感じることはあっても、それほど臭うことはありません。ワキガの原因になるのはもうひとつの汗腺、アポクリン腺からでる汗です。
ただし多汗症とワキガはニオイが明確に違っているとはいえ、汗を大量にかくことで不快なニオイが起こりやすくはなります。これはアポクリン腺から出た汗や皮脂などと混ざり、常在菌がニオイを発生させるためです。
このため、汗を多くかく機会の多い多汗症の人は、どうしても環境が整ってしまいがちになり、ワキガなどのニオイが気になりやすくなるのです。

汗もワキガも日常生活において気になり不快な状況をもたらしますが、日々の生活の中で少しずつ対策はできます。
例えば辛いものなどの刺激物を食べないようにしたり、リラックスする時間を作ることで交感神経の働きを抑えたり、早寝早起きや暴飲暴食を控えるなどの生活習慣の改善で整えたりすることで、汗のかきかたは変わります。
それでもあまり効果が見られない場合は、専門医に相談し、ケアや手術などの治療をすることもできます。決して治らない病気ではないので、気になる人は一度相談するのもいいでしょう。

なお、同じ多汗症でも注意が必要な汗もあります。
大量の汗をある時期から突然全身でかくようになった場合は、別の可能性も考えられます。神経障害や、飲んでいる薬の副作用や内分泌系の異常、感染症によるものなど、大量の汗をかく要因はいくつもあるからです。気になるほど汗を多くかく、それも突然にかくようになった場合は、すぐにかかりつけ医や、専門医に一度見てもらいましょう。

コメントする